サヨナラの言葉は言わないで

短編漫画

あとがき

脚本の教室に通っていた時期があったため、その時に書いた課題の漫画化です。
セルフコミカライズとでもいえばよろしいでしょうか?

漫画化にあったって、元の脚本(原作?)からいくつか変更しているところがいろいろありますが、大きなところは高校時代の描写があるのでしょうか。もともと4Pで描こうとしたのですが、
膨らまして8Pにしました。また、終わりも小林が去っていくだけなのを、打ち切り漫画風にしたほうが良いと判断して変更しました。小林という名前は脚本の学校の社長からなんとなく。ヒロインの都子は”都(都会つまり憧れ)”というニュアンスを込めて入れました。都子の顔を描かなかったのは意図的です。

ずいぶん久しぶりに描いた漫画です。初のフルデジタル作画なのでクリスタの操作にも慣れるのが大変でした。思い入れはあるので、いつかまた書き直したいという気持ちはありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました