(9) テレストレーション

アナログくん

この回はこのシリーズの方向性を決めたものですね。
ボードゲームの説明的な内容でいけるのかなあと思っていちいち説明を入れてみましたが、noteでのアクセス数は非常に悪く、説明をちまちま入れてもダメだという結論になりました。
そういうことをしても動画やブログに勝てないして、何より描いていてつまらない。こういう漫画を描いてますが、ボードゲーム専門で漫画描いているわけじゃないし。

このゲームはお酒を飲みながらゲームをしましょうという会に参加した時に、主催者の方が持ってきたゲーム。子供向けのパッケージが仇なのか、ウケが良くないがやると参加者は皆楽しそうにしているゲームです。子供でもできるのでパーティーゲームとしてはオススメです。
ただこのゲームを嫌う人もいます。絵を描くのが嫌いな人です。ものすごい拒否感を出されます。なのでそこは注意です。

ちなみにこの4コマの最後に出てくる”ジャンヌ・ダルク”は実体験です。引いた時は”描けるか!”と思いました。

まぁ火炙りになっているところを描けばいいんですけどねぇ。

GMのコメントにある、画伯だらけのテレスト会は上記の主催者が企画していたパクリですが、それは実現したのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました